スポンサードリンク

2016年02月17日

確定申告 解説 書類

確定申告書には大きく分けて2つの様式があります。それぞれ申告書Aと申告書Bです。申告書Aは給与所得、雑所得、配当所得、一時所得のみの方が使う申告書です。サラリーマンが住宅ローン控除をする際や、公的年金を受け取っている方が医療費控除をする際などに使われます。個人事業主やフリーランサーの所得は事業所得にあたるため、申告書Bを使います。第五表は、確定申告を提出後に申告内容の間違いがある場合や所得税の額が増えるときに使います。

修正申告と呼ばれる手続きになります。個人事業主が申告書B以外に提出しなければいけないものがあります。個人事業主は青色申告者であれば、青色申告決算書を提出する必要があります。また白色申告者であれば、収支内訳書の提出が必要です。これらの書類は売上・経費・所得などをまとめた内容になり申告書Bの根拠資料にもなります。しっかりと作成しておきましょう。

1年間の所得に対して課せられる税金のことを所得税といいます。個人事業主やフリーランサーの場合は、事業所得が所得税の課税対象になります。1年間の収入の額が同じ1200万円というAさんとBさんという二人のフリーランサーがいたとします。Aさんの必要経費は800万円、Bさんの必要経費は500万円だった場合、事業所得はそれぞれいくらになるでしょうか?Aさんの事業所得が400万円、Bさんの事業所得は700万円になります。このように収入の金額が同じでも、必要経費の額が異なると所得の金額は変わっていきます。


posted by 確定申告 2014 at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定申告 解説 書類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
確定申告 2014」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。